リメイク事例や店内の様子など

リメイク(リフォーム)詳細はこちら
K様_ダイヤモンドリング
K様_ダイヤモンドリング

Tiffanyの婚約指輪。王道のティファニー爪、0.5カラットのとても品質の良いダイヤモンドがセッティングされています。

普段に使えるようにと引っ掛かりの無いデザインで、素材もゴールドに。

変化すること変わることが好きとおっしゃるお客様のご要望にお応えしました。

横から見るとハート形に見えるデザインもポイントです。

出来上がりにご満足いただき、またダイヤモンドの輝きにしきりに驚いていらっしゃいました。
(当然ながらダイヤモンドはそのままです^^;)
元々のクオリティに加えて、ゴールドとのコントラスト、リフレッシュしたことでそう見えたのかもしれません。。

手元が明るくなり、気持ちも上がるリング。これからは普段からお使いになるとおっしゃってました!

M様_ダイヤモンドリング
M様_ダイヤモンドリング

お母さまから受け継いだダイヤモンドが5石ならんだリング。

トータル1カラットと、とても豪華なお品ですが台座の高さが気になってずっと使っていなかったとのこと。

「レール留め」と呼ばれる爪を使わず高さを抑えたセッティングにすることで、引っ掛かりなく普段も使えるデザインに。

そして素材はゴールドに。がらっとイメージが変わりました!

より華やかに、そして使いやすく、しまったままのお品が生まれ変わりました!

O様_ピンキーリング
O様_ピンキーリング

先日リメイクしたエメラルドリングの脇のダイヤモンド。

お写真では分かりづらいですが、テーパーと呼ばれる細長い台形のダイヤモンド2石と、丸いラウンドカットのダイヤモンドが4石残っておりました。

小粒とはいえせっかくのダイヤモンド。6石全部使ってピンキーリングにしてしまいました!

お客様ご自身の手書きのデザインを元にCAD(コンピューターによる造形)で製作しました。


遊び心もありながら凛とした雰囲気。オンリーワンのデザインは小指にピッタリの出来上がりです!


インスタグラムで動画を見てみる
D様_ダイヤモンドペンダント
2022.11大胡様.jpg

以前に婚約指輪をリメイクして作った指輪。

ただ最近はあまり出番がなかったそうです。

そこで今回はペンダントへのリメイクご要望です。お仕事中でも使えるようにと、シンプルなスタイルを選ばれました。

元々婚約指輪に使っていただけあって、とてもキレイなダイヤモンドは、遠めに見ても輝く存在感。

ライフスタイルに合わせて形を変えていくのも、ジュエリーの楽しみ方の一つですね^^


インスタグラムで動画を見てみる
T様_シトリンリング
T様_シトリンリング

お母さまから受け継いだ18金製シトリン(黄水晶)の大粒ペンダント。

このままでは使う機会が少ないとのことで、リングへの加工を承りました。

元の台座はそのまま残して、リングのアームを取り付け。指からはみ出しそうなリングは、存在感バツグンの出来上がりです^^

黄金の組み合わせが放つ華やかさに加えて、石を横置きにすることでカジュアル感を併せ持った指輪に生まれ変わりました!


インスタグラムで動画を見てみる
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...